上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2014年8月23日(土)にNPO法人大阪トルコ日本協会では伊井直比呂教授にお越しいただき、~「国連持続可能な開発のための教育の10年(DESD)」の最終年(2014年)に際し、その教育成果を大阪の高校から問う。~というテーマで講演会を行うこととなりました。みなさまご参加くださいますようお願い申し上げます。

2014年8月23日(土)
受付開始 :18:00
講演会   :18:15~19:15
懇親会   :19:15~20:30
閉会     :20:30
言語:日本語
会場:大阪トルコ文化センター
    大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
    四ツ橋駅5番出口出て左50m
マップ: http://www.torukonihon.org/about/access.php
定員:25人(先着順)
講演会:無料
懇親会:会員様‥キャンペーンにつき無料
    非会員様‥キャンペーンにつき700円(通常料金の半額)
申込締切:前日まで

お申込み方法:下記HPかメール、電話よりお申込みください。
http://www.torukonihon.org/events/index.html#77
info@torukonihon.org
06-6556-9505

~講演内容~
2005年1月1日から開始された「国連持続可能な開発のための教育の10年」は、今年12月で終了します。この間「持続可能な開発のための教育(ESD)」は、世界の国々で取り組まれ、多様な実践が行われて大きな成果を残してきました。とりわけ、世界180カ国9800校が加盟する、UNESCO ASPnet 加盟校では、UNESCOの精神に即して活発に取り組まれ、環境だけでなく多様な分野で持続可能性を問い、これを阻害する課題に取り組んできています。そして、ここ大阪においても日本でも屈指の活発な活動が行われてきており、これらの教育活動を振り返りながらその成果を問います。特に、過去の高校生フォーラム2008年、2012年、2013年の成果を振り返りながらご説明します。

~講演者プロフィール~
伊井 直比呂(いいなおひろ)
大阪府立大学人間社会学部 准教授

専門分野は人権としての教育、UNESCO国際教育、教育政策、ESD(Education for Sustainable Development)、社会科教育。主な研究テーマはUNESCO ASPnet 校の国際協同実践の方途、国際教育としての社会科・地歴公民科教育など。
主な論文、著書は『ESD実践のための地域課題探究アプローチ』(国際理解教育 Vol18. 明石書店) 2012年、『現代国際理解教育辞典』共著 (日本国際理解教育学会編, 明石書店)2012年 他
スポンサーサイト
2014.07.28 Mon l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://osakaturkey.blog.fc2.com/tb.php/138-fabbafb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。