上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本のおもてなし文化の強みとは何か

KN3.jpg
KN5.jpg
KN2.jpg

2014年1月25日(土)にNPO法人大阪トルコ日本協会では山上徹教授にお越しいただき「日本のおもてなし文化の強みとは何か」というテーマでお話をしていただきました。

山上先生よりオリンピック招致の時にも話題になった日本のおもてなし文化について、20世紀の経済社会状況の説明に始まり、茶道のおもてなし文化を手本に「おもてなしの心」についてお話しいただきました。

先生のお話より‥
本来の「おもてなし」とは茶道のように、亭主とお客が同じ目線に立ってもてなす、もてなされるという関係です。しかし、「おもてなし」をサービス等によって大衆化すると、利益を得るために下から目線でもてなしたり上から目線で見下したりということが起きてしまいます。本来のお互いに敬意を払ってもてなすという意味を忘れてはいけません。

おもてなしの心とは「人間は等しく尊厳的な存在で、自他共に同じ目線を持つこと」が大前提です。古き良き日本の伝統や精神を、今を生きる日本人にもっと知ってもらいたい。とお話しいただきました。

今回の講演会では、2020年のオリンピックに向けて日本人だけでなく外国人からも喜ばれる「おもてなし」を、昔から伝わる和の精神を大切に、若い人にも家庭や教育現場を通して伝えていくということが重要だと考えさせられました。参加者の皆さんは大変熱心に聞いておられました。山上先生ありがとうございました。

懇親会ではトルコ料理を召し上がっていただきました。

講演者プルフィール
山上徹(やまじょうとおる)
同志社女子大学 特任教授

1943年生まれ。1967年に日本大学経済学部卒業、1970年日本大学商学研究科博士課程に進学、1976年に西ドイツ・ハンブルク大学に留学、1994年に博士(商学)の学位を取得。1984年に日本大学商学部教授を経て、1999年に同志社女子大学の教授、2009年現職。専門はホスピタリティ・マネジメント論、とくに「京都の観光振興」「食とおもてなし文化」
著書:「京都観光学」法律文化社、2007年。「食文化とおもてなし」学文社、2012年。「ホスピタリティ・ビジネスの人材育成」白桃書房、2012年。その他多数。
スポンサーサイト
2014.01.28 Tue l イベント l コメント (0) トラックバック (0) l top
YK1.jpg
YK2.jpg
YK3.jpg
YK4.jpg
YK5.jpg
YK6.jpg

2014年1月26日(日)にクレオ大阪中央館で料理教室を開催しました
今回も沢山の方に参加していただき、皆さんと楽しく料理を作ることができました!
☆キノコとチキン・ヒヨコ豆のご飯・トマトスープ☆

とても楽しく、家でも簡単に作れるものばかりで大好評でした。

次回の日程は決まり次第お知らせいたします☆
沢山の方のご参加お待ちしております!!
2014.01.26 Sun l イベント l コメント (0) トラックバック (0) l top
写真-1

2014年1月27日(月)に公明党衆議院議員樋口尚也議員が当協会へ来訪してくださいました。様々な方の話に耳を傾け、より良い社会にするため努めていらっしゃる樋口議員から貴重なお話しを伺うことができました。
お忙しい中お越しいただきありがとうございました。
2014.01.26 Sun l 意見交流 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「アンネのキッチン」
大阪トルコ日本協会では2月15日に大阪在住のトルコ人のお宅にて、少人数でアットホームな料理教室「アンネのキッチン」を開催いたします。アンネとはトルコ語でお母さんという意味で、トルコに昔から伝わる伝統料理をご紹介します。皆様のご参加をお待ちしております

2014年2月15日(土)
時間:11:00-15:00
場所:毎回開催地が変わりますので、お申し込み時に開催地をお伝えいたします。

                          メニュー
Biber-dolmasi.jpg    top patlican kebap
      ビベルドルマス                   トップパトルジャンケバブ
             yayla-corbasi.png
                  ヨーグルトチョルバス

(サラダとデザートは先生が準備いたします)

☆申込方法&参加費☆
電話かメールでご予約可能です
参加費:会員3000円、一般3500円
持ち物:エプロン・布巾・持ち帰り用のパック等
定員:4人
申込締切:2014年2月14日
※人数が2人に満たない場合は中止となります。ご了承ください。

☆問い合わせ☆
TEL:06-6556-9505
FAX:06-6556-9506
〒550-0015大阪市西区南堀江1-1-16,OTK四ツ橋ビル3F

http://www.torukonihon.org/events/index.html#58
info@torukonihon.org
2014.01.22 Wed l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top


2014年1月12日、13日の両日、当協会スタッフは日本とトルコの友好関係が始まった原点、エルトゥールル号事故のあった和歌山県串本町の串本町長とトルコ記念館を訪問しました。後日、紀伊民報にて記事が掲載されました。
2014.01.22 Wed l メディア l コメント (0) トラックバック (0) l top
DSC_0335.jpg
DSC_0319.jpg

2014年1月16日に当協会は昨年12月に行った「チャリティーイベント」で集まった義援金をフィリピン大使館へ渡しました。フィリピンの救援活動と町の復興を願い、イベント参加者の皆さんの気持ちを届けました

フィリピン大使は自国の台風被害の大きさに心を痛めていましたが、日本とトルコの両国民よりこのような温かい寄付に感謝しておられました。私たちはフィリピンの復興を願うと共に、在フィリピン人とも交流を深めていきたいと思います
2014.01.22 Wed l 意見交流 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2014年2月8日(土)にNPO法人大阪トルコ日本協会では高根沢均准教授にお越しいただき、「ビザンティン建築の至宝 アヤソフィアの建築史」というテーマで講演会を行うこととなりました。みなさまご参加くださいますようお願い申し上げます。

2014年2月8日(土)
受付開始 :18:00
講演会   :18:15~19:15
懇親会   :19:15~20:30
閉会     :20:30
言語:日本語
会場:大阪トルコ文化センター
    大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
    四ツ橋駅5番出口出て左50m
マップ: http://www.torukonihon.org/about/access.php
定員:25人(先着順)
講演会:無料
懇親会:会員様‥キャンペーンにつき無料
    非会員様‥キャンペーンにつき700円(通常料金の半額)
申込締切:前日まで

お申込み方法:下記HPかメール、電話よりお申込みください。
http://www.torukonihon.org/events/index.html#57
info@torukonihon.org
06-6556-9505

~講演者プロフィール~
高根沢 均(たかねざわひとし)
神戸夙川学院大学 観光文化学部 観光文化学科 准教授

1997年筑波大学第一学群人文学類卒業(西洋史専攻)。同大学大学院博士課程人間総合科学研究科にて西洋建築史および世界遺産学について学ぶ。その間、2003年から2005年にかけて、イタリア政府奨学生としてローマ大学ラ・サピエンツァ建築学部(建築史・修復・保全学科)へ留学し、サンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂の建築調査を実施。2007年、神戸夙川学院大学観光文化学部講師、2011年より現職。
初期キリスト教会堂建築を研究対象とし、古代末期から初期中世に至る多様な建築空間と装飾の形成過程について、典礼行動と部材の再利用の配置計画に注目して考察を進めてきた。近年、主に地中海沿岸各国で現地調査を実施し、6世紀のユスティニアヌス帝時代を頂点とする初期ビザンティン建築とその影響についての研究に取り組んでいる。特にイスタンブールのアヤソフィア博物館(旧ハギア・ソフィア大聖堂)については、大学院時代より日高健一郎教授率いるハギア・ソフィア学術調査団に参加し、10年以上にわたって建築調査を進めている。
主な業績:“Preliminary Report of Non-destructive Investigation of Plaster-covered Mosaics of Hagia Sophia”(Ayasofya Müzesi Yıllıkları, 2014刊行予定)(共著)、
「ジェラシュ遺跡・三連教会堂における建築調査報告(2)~ナルテックスの試掘結果」(共著)日本建築学会学術講演梗概集(2013年)(745-746頁)、「サンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂におけるスポリアの配置とその意味」『日本建築学会計画系論文集』616号(2007年)(191-197頁)他。
2014.01.22 Wed l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top


今年も「ワン・ワールド・フェスティバル 2014」に参加します
ワン・ワールド・フェスティバルとは、「感じる・ふれあう・助け合う 世界につながる国際協力のお祭り」で、国際協力・交流をテーマにしたブースやイベントが盛りだくさんです!
今年はブースと民族料理模擬店に出店しますケバブを食べに来てください

日時:2014年2月1日、2日
場所:大阪国際交流センター
  大阪市天王寺区上本町8-2-6
  最寄駅 地下鉄:谷町九丁目駅 / 近鉄:大阪上本町駅

詳しくは下記サイトよりご確認ください。
http://www.interpeople.or.jp/owf/
2014.01.22 Wed l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
串本1
串本2
串本3
串本4
串本6
串本7
img051.jpg

2014年1月12日、13日の両日、当協会スタッフは日本とトルコの友好関係が始まった原点、エルトゥールル号事故のあった和歌山県串本町の串本町長とトルコ記念館を訪問しました

串本町長はとても温かく迎えてくださり、エルトゥールル号事故について詳しく説明していただきました。町長室にはトルコに縁のあるものが沢山飾られていてとても懐かしく感じました

トルコ記念館とトルコ軍艦遭難慰霊碑も見学しました。トルコ記念館には当時の様子が写真や遺品として残されており、事故を深く知ることができました。また、救助された現場も見学し歴史を肌で感じ、心から感謝の気持ちで胸が一杯になりました。トルコ軍艦遭難慰霊碑の前では亡くなったエルトゥールル号乗組員に追悼しました。

当時の串本町民が分け隔てなく助けた優しさが表れている資料を見せていただきました。この資料には、トルコの代表より救助にかかった費用をお渡ししますという知らせを受けた串本町民が、「とても痛ましい事故で何としても助けたいという気持ちで行動したのでお金などいりません」と答えたという資料です。今回の訪問でも串本町の皆さんはとても優しく迎えてくださり嬉しかったです

日本とトルコの交流の原点となった場所に訪問することができ、歴史を深く知り感謝の気持ちとこれからの更なる交流に努めて行こうという気持ちが強くなりました。訪問の手配や準備をしてくださった守口市身体障害者福祉会の皆様ありがとうございました

※串本町ではエルトゥールル号事故の映画を作成中です。映画の情報もわかり次第HPにてアップしていきます。※
2014.01.17 Fri l 交流活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1_2014010716294938e.jpg
2_20140107163008fdc.jpg
3_20140107163031962.jpg
4_20140107163045b54.jpg
5_20140107163059060.jpg
6_20140107163111136.jpg
7_20140107163123cb2.jpg

2013年11月25日・26日の2日間に亘ってトルコでビジネス商談「TUSKON」が行われました世界130カ国、1500人ものビジネスマンが参加し、農業関連の会社による商談が行われました。アフリカからの参加者が最も多く676人、次いでヨーロッパが110人とトルコに近い国々からの注目が熱い経済イベントです。2日間を通して2500件の商談が行われました。当協会は日本の企業を支援いたしました。

日本産業がトルコへ、またトルコからヨーロッパやアフリカへと進出していくことを願っています

TUSKON
トルコで最大級のビジネスマン連合
http://www.tuskon.org/?lang=en
2014.01.06 Mon l イベント l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。